FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へこんだ肋骨がもたらす影響

私の肋骨はへこんでいる。

「画像左側の肋骨」
へこんだ肋骨1
へこんだ肋骨2


おそらく産まれた時からだろう。

母になぜ肋骨がへこんでいるか
聞いた記憶がある。

母:
「覚えていないけど、
肋骨を切って
反対向きににつければ
良かったんだけど」

子どもながらに、
そんなことをされなくて良かったと
思っていた。

今思えば、
肋骨を切って、
逆にしてくっつけるって
出来るんか?
と、思う。

肋骨は思ったより、
複数の筋肉とくっついている。

真相を隠してやがるな!
肋骨の話になると、
言葉少なげになる母の
微妙な変化が気にかかる。

しかし、
肋骨がへこんでいるからと言って、
生活に支障はない。

腹筋の筋トレを
体を捻じりながらすると、
筋が肋骨に引っかかるような違和感は
あった。

あと、時々
肝臓あたりがチクチクと痛みがでる。


今年、右足にしびれが出た。
MRIを撮影し、
椎間板が出ているとわかった。

飛び出たヘルニア


中学時代から腰を悪くしているので、
いつかはなるんだろうな…
くらいに思っていた。

しびれを取る薬を飲み、
毎週リハビリに通う。

どうせ、リハビリしたって、
腰を引っ張り、
低周波みたいなのをするだけで、
治ることは無いだろう
そう思っていた。


私の通う病院は、器具がない。

理学療法士の方が、
体を診て、
どの様にしたら良いかを
アドバイスしてくれる。

理学療法士:
石井さん
あなたの足のしびれは、
ヘルニアから2割
筋肉低下が8割
と、言われた。

確かに、
自衛隊を退職してからというもの、
腕立て伏せの姿勢すら
取ったことは無い。

そうはいっても、
バリバリに筋トレしていた
自衛隊時代も腰痛は
頻繁に起こっていた。

納得できぬままに、
週に1度のリハビリに通う。

まだ、ストレッチをして良い時期では
ないので、
インナーマッスルを鍛えて
体幹を筋肉で
支えられるようにしてください。

まだ、納得できない。

大腿の裏側の筋肉がガチガチで、
ふくらはぎも、常に張っている。
普通ならストレッチだろう!

リハビリに1ヵ月通い、
薬を中断することになった。

不思議と痛みも減ってきた。

ただ、どうも右足の柔軟性が戻らない

そして、先週のリハビリ中に
わしの肋骨がへこんでいることに、
理学療法士の方が気が付く。

理学療法士:
石井さん、
ちょっと気になるんで、
肋骨辺りを触らせてください。

皮膚をつまむので、
結構痛かった。

こんなことをして、
何が変わるんだ!

石井さん、
足を伸ばしてください。



え?

あれ?

関節限界に足が伸びる。


大腿の裏側の筋肉も柔らかくなり、、
ふくらはぎも適度な弾力になっている

肋骨周りの筋肉が
スムースに動かないから、
腰にも影響を与えるのでしょうね。

なぬ!

言われてみれば、
腰は右側ばかり痛む。


母にメールで状況を送る。

「良かったね」

短めの返事が返ってきた。



ふと、長男の肋骨を見る。

ちょっとだけへこんでいた。

「画面右の一部の肋骨」
産まれた時はもっと顕著にへこんでいた
長男の肋骨


お母さん。ごめん。
まだ疑っていた。


この肋骨がもたらす影響と、
母への疑念が晴れた。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石井 裕二

Author:石井 裕二
農薬・化学肥料を使う農業と
農薬・化学肥料を使わない農業をする
ハイブリッドな考える農家

良い野菜を作るために、
やれることはする。

良い野菜とは、
「美味しい事」
「姿がきれいで新鮮な事」
「安全な事」
「適価な事」
「豊富な栄養素がある事」
(BLOF理論栽培の目指す野菜)

現在、BLOF理論栽培を勉強しつつ、
農事組合法人「戸山の郷 中王」
に勤務する。


・1977年生まれ。広島市在住。
岐阜教育大学付属高校を卒業。

・1996年に陸上自衛隊入隊。
人を助ける仕事をしたいために、
衛生小隊に勤務。

・2008年 
国際緊急援助隊の準備部隊となり、
人を殺す、殺されるという
想定の訓練をする中で、
家庭を持ち、海外に行くことに
拒否感を持つようになる。

・2009年うつ病発症。
1年間休職することとなる。

・2010年、
14年間務めた陸上自衛隊を退職

・2011年、
農事組合法人「戸山の郷 中王」に勤務

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。