FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎの病気

昨年の玉ねぎは、
ベト病という病気にやられ、
散々だった。

「昨年の今頃の写真(ベト病)」

ベト病


拡大


ベト病拡大


昨年は、
玉ねぎの産地の
佐賀や淡路も被害にあい、
玉ねぎが高かったことは覚えている
かと思う。

気象条件だけでは無いだろうが、
経験豊富な産地でも病気が
抑えられなかったのは、
ビックリしている。


わしの法人は、
昨年から学校給食用の玉ねぎを作っている。

周りからは、
全国的に不作の年に大変だったですねと
言われるも、
もちろん大きな赤字で、
大変だった。

今年は、
その経験を活かしつつ、
肥料の面での工夫はした。

今のところ、
大きなベト病の発生はない。


しかし、
2月中旬からおかしな状態となる。

なかなか病気の同定をできる人が居ないので、
ネット情報とにらめっこ


おそらく、
「軟腐病」だと判断し、
定期散布の農薬に混用する。


「軟腐病」

軟腐病


前回の記事にも書いたが、
畝の低さによる土中の酸素不足と、
地下水位の高さの影響だと感じる。


出来なかった理由を考えて、
その理由を解決すれば、
必然的にできるしかない状態となる。

まだ出来ていないこともあるのだが、
一つ一つ改善していくしかない。


今年は、
収穫で嬉しい悲鳴を上げてもらいたいと
思っている。


「玉ねぎ担当者の圃場観察」

玉ねぎ圃場


「玉ねぎの状態」

玉ねぎの状態

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石井 裕二

Author:石井 裕二
農薬・化学肥料を使う農業と
農薬・化学肥料を使わない農業をする
ハイブリッドな考える農家

良い野菜を作るために、
やれることはする。

良い野菜とは、
「美味しい事」
「姿がきれいで新鮮な事」
「安全な事」
「適価な事」
「豊富な栄養素がある事」
(BLOF理論栽培の目指す野菜)

現在、BLOF理論栽培を勉強しつつ、
農事組合法人「戸山の郷 中王」
に勤務する。


・1977年生まれ。広島市在住。
岐阜教育大学付属高校を卒業。

・1996年に陸上自衛隊入隊。
人を助ける仕事をしたいために、
衛生小隊に勤務。

・2008年 
国際緊急援助隊の準備部隊となり、
人を殺す、殺されるという
想定の訓練をする中で、
家庭を持ち、海外に行くことに
拒否感を持つようになる。

・2009年うつ病発症。
1年間休職することとなる。

・2010年、
14年間務めた陸上自衛隊を退職

・2011年、
農事組合法人「戸山の郷 中王」に勤務

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。