FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明渠掘り(めいきょ)

明渠(めいきょ)というのは、
排水を促すための溝の事

元々畑の土地は、
水が地下に抜けるので、
あえて明渠を掘る必要もない。


わしの地域は、
水田を畑に使うことが多いので、
排水を考えておかないと、
一面水没していることもある。

水が大好きな作物は良いだろうが、
雨が降って、3日も水が引かない事は、
根が呼吸できないので、
とても嫌がる。


それぞれ、持っている機械により
溝掘りの方法も変わる。


一番金がかからないのは、

手堀り

人力明渠


しかし、

時間と体力を使う。


以前から、
トラクターに取り付ける
溝堀機(M312)が欲しくて
デモ機を借りてアピールはしていた。

しかし、値段も張る。
60万程する機械で、
溝掘りの仕事しかしない。

年間の稼働時間も少ない。

ニプロOM312

ただ、仕上がりは良い。

問題は石が多いので、

機械に挟まり動かなくなることや、

壊れない為に負荷がかかると

折れるボルトが付いているが、

それが良く折れる。


(同時期に違う法人もデモ機を借りたが、

何本も折り、わしが使うときには、

予備ボルトが無かった。少し頭にきた!

わしは、ボルトを折ることなく終了した。)


他にも、もう少し安くて
溝が掘れる機械はあるが、
結局のところ、
専用機なので、
他の作業はできない。


色々と考えた結果、
白ネギの管理機で落ち着いた。

ニューエース


白ネギの面積も拡大したいし、
これなら、小麦やそばを播種した後に、
溝をつなげることもできる。

畝間の中耕もできる。

バカ高い専用機には、
これが出来ない。


あとは、
仕上がりの違いと、
作業時間の差かなとは思う。

明渠


まだ、本気掘りでは無い。

水が抜けない場所があるので、

もう少し乾いてから再度する。


最大70cm掘れる。(らしい)


ニューエースと明渠


個人的に
ライバルと思っている
同じ集落の法人は、
お金があるので、
トラクターに付ける溝堀機を買った。


わしが、
白ネギ管理機で上げた溝を見て、
そんなんあるんなら教えてくれればと、
言われるんだろうとは思う。


白ネギの管理機は、
最近は農業機械展示会にも多く
出ているもので、
だれもが目にしている。


同じものをみて、
何に応用できるか想像する。

あらゆる方向から見てみる。

物ひとつ見ても、
多くの違いがあることに気が付いた。

コメント

明渠掘り、確かに同感です。 私達小資本農家は頭使ってやるしかありませんね☺

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石井 裕二

Author:石井 裕二
農薬・化学肥料を使う農業と
農薬・化学肥料を使わない農業をする
ハイブリッドな考える農家

良い野菜を作るために、
やれることはする。

良い野菜とは、
「美味しい事」
「姿がきれいで新鮮な事」
「安全な事」
「適価な事」
「豊富な栄養素がある事」
(BLOF理論栽培の目指す野菜)

現在、BLOF理論栽培を勉強しつつ、
農事組合法人「戸山の郷 中王」
に勤務する。


・1977年生まれ。広島市在住。
岐阜教育大学付属高校を卒業。

・1996年に陸上自衛隊入隊。
人を助ける仕事をしたいために、
衛生小隊に勤務。

・2008年 
国際緊急援助隊の準備部隊となり、
人を殺す、殺されるという
想定の訓練をする中で、
家庭を持ち、海外に行くことに
拒否感を持つようになる。

・2009年うつ病発症。
1年間休職することとなる。

・2010年、
14年間務めた陸上自衛隊を退職

・2011年、
農事組合法人「戸山の郷 中王」に勤務

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。