FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルなミネラル苗土つくり

日に日に暖かさを感じ、
春が来たなと感じる。
寒い寒いと言っていた自分はどこへやら
今は、暑いと愚痴をこぼす。


さて、
スイートコーン用の苗土を作った。
作ったと言っても、
市販の無肥料の土に肥料を混ぜるだけ。


スイートコーンの特性上、
苗土に過剰な窒素は必要ない。

(2葉期には定植してしまう。

3葉期までは、自力窒素で育つ)


苗土で、

マグネシウムと、カルシウム、
鉄・マンガンのミネラル類を、
どれだけ先行させるかが大事


鉄だけは、
実験で先に溶かしてから添付した。


人間も、植物も、
2価の鉄イオンを吸収する。


3価の鉄イオンは、
酵素により2価の鉄イオンに

還元されてから

利用可能になる。

行程が多いので、

スパッと効かせたいために、

事前に2価にしておく。


クエン酸2%溶液に、
必要量入れる。

水も比較で実験した。

(左:クエン酸 右:水)

鉄を入れる前


さすがクエン酸2%溶液!
PHで言えば、
2.1くらいになるはずなので、
強烈に溶ける。

入れた直後


10分後


ただ、色は黄色
おかしい…
3価の鉄イオンの色になっている。

24時間後

24時間後、
淡い緑色(左)2価の鉄イオン
黄白濁色(右)3価の鉄イオン


ありゃ?
水に溶かした場合は、
酸化鉄になるはずなので、
赤褐色になるはず…。

なかなか、実験は思うようにいかない。


まぜ中


丁寧に混ぜて、発酵させる。


肥料の量は、設計シートを使う。
培土は、大体無菌だが、
今回はこうじ菌を入れた。


施肥前

PH:5.1
アンモニア態窒素:0.5
硝酸態窒素:0.3
リン酸:2
カルシウム:50
マグネシウム:2
カリ:15
鉄:8
マンガン:15


施肥後

PH:5.6
アンモニア態窒素:1
硝酸態窒素:0.1
リン酸:10
カルシウム:250
マグネシウム:40
カリ:40
鉄:13
マンガン:25

に補正された。


PHが6.6まで上がる設計になっていた。
思ったより上がらなかったのは、
こうじ菌の有機酸作用かもしれない。

菌をなめとっちゃいけんなと感じる。

(クエン酸は、2%溶液を500倍で

希釈した。クエン酸の効果もあるだろう)


クエン酸にしろ、
鉄にしろ、
過剰に土にあるとよろしくないので、
設計や加減はしっかりとした方が良い。


ただ、
鉄に関しては、
設計シートの数字の倍の量くらい
入れてちょうどかなとも感じる。
(わしの土地の話です)


自作の苗土は、
面倒だが、
思ったような土を作れるので、
そういった面では楽しい。


信頼できる苗土があれば、
買った方が早いのだが…。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石井 裕二

Author:石井 裕二
農薬・化学肥料を使う農業と
農薬・化学肥料を使わない農業をする
ハイブリッドな考える農家

良い野菜を作るために、
やれることはする。

良い野菜とは、
「美味しい事」
「姿がきれいで新鮮な事」
「安全な事」
「適価な事」
「豊富な栄養素がある事」
(BLOF理論栽培の目指す野菜)

現在、BLOF理論栽培を勉強しつつ、
農事組合法人「戸山の郷 中王」
に勤務する。


・1977年生まれ。広島市在住。
岐阜教育大学付属高校を卒業。

・1996年に陸上自衛隊入隊。
人を助ける仕事をしたいために、
衛生小隊に勤務。

・2008年 
国際緊急援助隊の準備部隊となり、
人を殺す、殺されるという
想定の訓練をする中で、
家庭を持ち、海外に行くことに
拒否感を持つようになる。

・2009年うつ病発症。
1年間休職することとなる。

・2010年、
14年間務めた陸上自衛隊を退職

・2011年、
農事組合法人「戸山の郷 中王」に勤務

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。