FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜の品種間の栄養素の違いがあるのか?

以前、野菜の栄養素が減少してきていることを
記事にした。
野菜の栄養素は減っている?2016.12.15

実のところ、
なぜ減ったのかの結論を出せていない。


株)メディカル青果物研究所さん※1の、
興味深いデータを見ることとなった。

※1:
デリカフーズホールディングス株式会社
参加の子会社
業務用カット野菜を取り扱う中で、
中身の良い野菜を取り扱いたいと、
栄養素の分析をしてきた歴史がある。
 

野菜の栄養成分の変化
「ビタミンC」
野菜の栄養成分の変化
株)メディカル青果物研究所
(転載は了承済み)

人参を例にとってみる。
1950年 10mg
1982年 6mg
2000年 4mg
ちなみに、
最新の2015年は6mg

デリカフーズの通常取り扱う野菜
6~9mg

オーガニックエコフェスタ2018参加者の
上位24名の平均
7.3mg

私のエコフェスタの出品人参
12.6mg

ほうれん草、
キャベツ、
春菊に関しては、
デリカフーズの扱う野菜より、
オーガニックフェスタの出品物の方が、
平均値は高くなる。

ただ、分母次第という事もあり、
出品物全ての平均値を出すと、
もう少し、数値は下がると予想する。

このデータを見る限り、
1982年程度の所までの栄養価はあるという
結果ではある。

デリカフーズ分析の数値を見てもらうと
わかるように、
数値には結構幅がある。
エコフェスタ参加者も、
同様の数値の幅があると想像する。

栄養価は、天候に大きく左右される。
ただ、栽培技術が天候不良を補える可能性は高い。

事実、エコフェスタの最優秀賞常連の方が居るが、
なぜ、毎年栄養価の高い野菜を出せるのか?
土地条件もあるかもしれないが、
栽培方法が理にかなっている可能性は高い。


野菜のミネラルの変化
野菜のミネラルの変化
株)メディカル青果物研究所
(転載は了承済み)

こちらは、
デリカフーズの取り扱う野菜のデータ。

平均値をとると、
やはり、日本標準成分表の7訂に近い数値ではある。
ほうれん草の鉄を見ても、
1.3mg~4.6mgと幅が広い。
(ほうれん草の鉄の平均値は2.0mg

この幅の原因がどこから来るのかは、
要因が多いのでこれとは決められないが、
栽培方法も大きく係っていると予想する。

今の野菜は、日本標準成分表の初版の1950年の
数値の野菜は、流通していない可能性は高い。

農家として、結構悔しい所ではある。
1950年当時の野菜は、
何故栄養価が高かったのかという話になるが、
一つ言われることは、
F1種子では無い事
種子採りをして、
野菜の旬に栽培をしていた。

そのことから、
以下の目標を付け加える。


今年の野菜栽培の目標である、
「化学肥料の栽培でも、硝酸イオンの低い野菜は作れるのか?」

に、

「野菜の品種間の栄養素の違いがあるのか?」を、
付け加えたい。


固定種と、F1品種を、
同じ畝で作り、管理も同様にして、
栄養価の分析をお願いしようと思っている。

もう、農家なのか、
研究員なのかわからなくなってきた…。

ただ、本当の事が知りたい。

食べて美味しく栄養価の高い野菜を目指す上で、
避けられない実験と思う。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石井 裕二

Author:石井 裕二
農薬・化学肥料を使う農業と
農薬・化学肥料を使わない農業をする
ハイブリッドな考える農家

良い野菜を作るために、
やれることはする。

良い野菜とは、
「美味しい事」
「姿がきれいで新鮮な事」
「安全な事」
「適価な事」
「豊富な栄養素がある事」
(BLOF理論栽培の目指す野菜)

現在、BLOF理論栽培を勉強しつつ、
農事組合法人「戸山の郷 中王」
に勤務する。


・1977年生まれ。広島市在住。
岐阜教育大学付属高校を卒業。

・1996年に陸上自衛隊入隊。
人を助ける仕事をしたいために、
衛生小隊に勤務。

・2008年 
国際緊急援助隊の準備部隊となり、
人を殺す、殺されるという
想定の訓練をする中で、
家庭を持ち、海外に行くことに
拒否感を持つようになる。

・2009年うつ病発症。
1年間休職することとなる。

・2010年、
14年間務めた陸上自衛隊を退職

・2011年、
農事組合法人「戸山の郷 中王」に勤務

いらっしゃいませ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。